Pimax Vision 8KX [KDMAS]のレビュー

Pimax Vision 8KX [KDMAS]
Pimax Vision 8KX [KDMAS]

配送後、すぐにセットアップしましたが特にトラブルなく使用できていました。
出荷に関しても本人確認が必要ではありましたが、国内からなのですぐに発送してもらうことが出来ました。
さすがの高画質で使っていて楽しいのですが、初期のケーブルだと断線やノイズが入りやすいようで、使い始めて1月もせずにもう10秒ほどのホワイトアウトがありました。合わせて光ケーブルなどの購入、もしくは断線しないように保護することをオススメします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
すいまさん

8K PLUS(中期ロット)ユーザーで、さらにKXを購入しました。3ヶ月ほど運用してのレビューです。
■環境
650w電源
Intel core i-7 12700K
RTX3060ti 8GB
DDR4 3600MHz 8GBメモリ×4枚

PimaxシリーズHMDを被ってしまうと他HMDが双眼鏡で世界を覗き込んでるだけに思えてくるくらい、窮屈さから解放されます。

この8KXはその最上位機種だけあり品質も数段階上、給電系が改善されて安定力がPLUSより高いです(8K Plusとだいたい同じ環境になるアップスケールモードでもこちらの方が発熱も少なく思います)

RTX3060ti8GBというミドルスペック構成でもしっかり設定を吟味すればVRAMがよほど必要になる場面以外ではネイティブモードでも快適に動かすことが可能です。アプリケーション毎に最適値を見つけましょう。
もちろん、VRCで大量のアバターがいるところなどに遭遇すると視野が広い分よりVRAMが枯渇します。RTX3090でもフルスペックで使えないとのことなので、RTX4000シリーズに期待です。

■KDMASについて
先に単独で買ったものを8K Plusに装着してた際は残念すぎる音質でしたが、こちらについていたものは普通に「良い」と言える品質でした。フォーラムレビューでは色々言われてますので、品質が安定していないか機種相性があるのかもしれませんね。

■既知の問題
STRALさまにもご案内いただけましたが、2022.2.25.の時点にて90hzモードがリリース版ファームウェアで動作する様になっていません。一応、サポートに問い合わせれば動かせるファームウェアを貰えるのですが…
こういった、ソフト側で表示されているのにリリース版で長期間対応ができてないところは減点です。
挑戦的なハイエンド商品を玄人として楽しむような気持ちを持つ、そして根気よく調べるのが、Pimaxシリーズを扱うコツとなるかと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Izumiさん

画質も良く視野角も凄く広く没入感が物凄いです。
特に視野角の広さは一度体験してほしいです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
euforicoさん

商品動作前レビューです

エラーが出てDPを認識せずよく言われる一般的な(ドライバ更新、ファームウェア更新等まで)トラブル対策をしても動作しない場合があります(E5-2697V2;デュアルCPU2.70 GHz システム24コア48スレッド 1080Ti-SLI)で動きませんでした)

鮮やかなハイスペックのレビューにつられる前に、まず一度動かなかったリスクを考えて、アストネスさんからレンタルし動作確認をした方が確実です(カクカクするならPCの性能ゆえの物なので仕方がありませんが、動かなかったときの期待からの落胆が酷いのとその対策の時間が膨大、へたをすればモック化するので)

今のところサポート待ちですが、どうなるのでしょうかね5K XRは動くのに

動いたら動作レビューしますね

商品動作の評価ではないので星は保留にしておきます

追記

Pimaxさんに一生懸命色々サポートしていただきましたが、結論として ”GTX10シリーズでは動かない” ことになりました、20シリーズ以降にするか8Kプラスを進められました・・・

グラボ新調するまでモック状態です(今の時期だったら40シリーズも視野入れないと、ホント何時になることやら)

こちらの動作要件不確認(2060で動くなら1080Tiで動くと普通は思うが)と色々サポートしてくれたのと、かなりの説明不足を勘案して今は星2つとしておきます

動いたら動作レビューいたしますね

動作レビュー

グラボを3090に交換したら動作しましたので機器のレビューです

解像度は凄いです、バーチャルキャストをしてる方だとだと解ると思うのですがメニューボタンの円が綺麗な円なのです、ジャギー(ガタガタ)が気にならない
スクリーンドアがほとんど解らない、CUTOFFで描いてある絵とか、バーチャルキャストのミラーモニターの縁とかはジャギーは目立つけど5K XRよりは改善されているかな(パネルよりスチームの解像度設定が緩いのかな)
3Dソフトのグラフィック設定を最高設定が生きます、ただそれなりのグラフィックカードが要りますVRAM使用率を見ていると簡単に11GB突破しますのでVRAM容量もグラフィックカードの選択も重要になります。


作動条件は厳しくくせの強い機材ですが一度使うと戻れない解像度と視野角で一度体験していただきたいですね

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
MM-MFPさん

今年中頃からPIMAXのHMDに興味を持ち始め、
5KSのレンタル等も試し、その視野広さに感銘し、
購入を検討していましたが、今回のセールを受け、
元々は検討していなかった8KXを購入致しました。

色々なところのレビューでも言われていることですが、
SDEはほととんど気にならず、緻密な映像がめの眼前に広がります。
5KSでもかなりSDEは気になりそこだけはネックに感じていたので、
そこが改善されているだけでも8KXは買ってよかったと感じています。

導入時はレンタルしていた5KSよりはトラブルが出て、かなりセットアップには時間を要しましたが、
バッカーの方々に届いていた初期の頃に比べれば、Pi toolもファームウェアもかなり改善されていて、ネガティブポイントとされていた発色や黒の階調も、ほとんど気にならないレベルになってきていると思います。

画面の綺麗さと視野角の広さは、一度体験すると、
ちょっと他のHMDは受け付けられなくこと請け合いです。

購入に際し少し考慮した方が良い点としては、2点ほどあります。

まずは重さです。
5KSと比べてもかなり前重心のバランスで重く感じます。
※5KSが軽いというわけでは無いです。あちらも重さはかなり感じます。
ヘッドバンドはかなり大振りで、カウンターウエイトを設置するスペースはかなりあるのは救いでしょうか。

フロントヘビーなのは変わりないので、首への負担はかなりあると思います。

次に熱問題です。
液晶パネルも大きく、発熱もかなりありますが、現状対策方法は製品としてはありません。
クーリングファンはかなり前にアナウンスがありましたが、
未だ登場する気配はなく、海外の有志の方がファンをつけられるダクトを設計され、
その3Dのモデルデータを公開されていますが、簡単に手に入る状況ではありません。

valve indexやquest2にはかなりフィティングの良いクーリングファンが製品化されており、
熱問題は簡単に改善できますが、PimaxのHMDは自分でなんとかしていく気概と資金がある程度必要になります。

「Pimax Reality 12K QLED’」も発表されていますが、早くても1年半はかかります。

8KX、買わない理由はあまり多くありません。
最先端のVR体験をされたい方は是非、8kXをご検討ください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
がんじょうるさん

Pimaxシリーズ、2021年6月現時点でコンシューマー向けでは最強のウルトラハイエンドVRHMDとされます。
それなりに解像度がいい他のVRHMDには触れてきたつもりですが、この8KXの片目ネイティブ4Kは取り分け高精細でした。
かつてのPimax 4Kから5年ぐらい経っていますが、VRでネイティブ解像度の本物の4Kを左右どちらとも目にできるようになったというのはエポックメイキングなことだと言えます。
前世代のPimax 8Kは同じ視野角で解像度でしたが、受信解像度などが違い、小さい文字も見えづらかったのでこれは別物と思えます。

この8KXに限らずPimaxはなんといっても広視野角のイメージですが、相変わらず画面端の歪みというマイナス面がある他、
私はあまりVR酔いしないのですけど視野角が広いと誘発しやすいとも言われており、あわなければPitoolで120度や90度まで小さく設定できるので他の高解像度VRHMDのような使い方も可能です。

また、アップスケールモードでもリフレッシュレートは8K/5K XR/5K Plus/8K Plusより高いというメリットがあります。
ネイティブモードでもベータ版のファームウェアですが、90Hzに設定できるものも公式で配布されています。
ただし、例えばネイティブに最大視野角で平行投影も有効にするとかこの8KXを最大限に活かすとなると現在VRAM帯域断トツのRTX3090でも負荷に追いついてないようでした。

不満をあげるとすれば、やはり一番は液晶ですからコントラストが低いことです。
これは私見になりますが、次の8KシリーズがあればOLED、もっと言えば5KXRのようなペンタイル配列じゃない有機ELを採用してもらいたいところです。

それとPimaxはかつてより安定性が増してきたとはいえまだ完成された最終製品とは言い難く、一定のトラブルシューティングの能力が求められます。
自力でとなると情報は主力市場の英語圏や中国語圏の方が充実していますからこれらの言語をある程度理解しないとやり取りにしても難しいかもしれません。
ご購入を検討されてるなら個人輸入や並行輸入となるとトラブルも少なくなく、日本でも詐欺まがいの業者が見受けられるので、
価格も良心的でアフターサポートもされてる日本の正規代理店であられるSTRAL社様をおすすめします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
名無しの権兵衛さん